スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

心眼

立川志らくさんの独演会にて『心眼』という落語を初めて聴く。「目暗は眠りのときだけは目明きとなる。心眼をもってあざやかな夢を見る」という当然のことを物語るお噺。けれど、この当然に痛烈なショックを受ける。夢オチの物語は多々あるけれど、こうも夢オチが活きる筋立てをほかにあまり知らない。『心眼』をつくった作者は残酷なまでに冷徹な目線を持っている。

書かなきゃ。
休んでいられない。
スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<時代を動かす | 映画「幸せバロメーター」 | 直感>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 映画「幸せバロメーター」 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。