スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

食わず嫌い

ジョニー・デップ主演の「スウィーニートッド」が楽しみ。
ティム・バートン、「シザーハンズ」と「エド・ウッド」は大好きだけれど、
その他のジョニー・デップ絡みの作品はいまいちだ。
でも今回の「スウィーニートッド」は面白そうだ!

「スウィーニートッド」と言えば、
昨年宮本亜門演出のミュージカル「スウィーニートッド」を観に行った。
招待券をもらったからというのも理由のひとつだったけれど、
招待を頂戴しても、僕は8割行かない。
そして、ミュージカルは10割行かない。

なぜ赴いたのか?

ソニンが出ていたからだ。

僕はソニンが好きだ。

だが観てみたら、
ソニン以上に宮本亜門に感動した。

正直、観る前は日本のミュージカルそのものに疑いの目を向けていた。
歌って踊って、なにがしたい? と思っていた。

外国のミュージカルは、演者が半端無い。
歌唱力も身体能力も、すさまじい。だから、かっこいい。
成立している。
でも、日本人には無理だろう……と。

※語弊があるかもしれないけれど、
日本人のラッパーにも同様の???を感じる。これは今も感じる。
吉幾三の「おら東京さ行くだ」が最初で最高の和製ラップ曲なのでは
と僕個人は思っている。

でも、宮本版ミュージカル「スウィーニートッド」を観終わって、
感激した。

後で知ったが、宮本亜門はトニー賞にノミネートされたこともあるよ
うで……僕が認めるまでもなく、とうの昔に世界に認められておりました。
「世界不思議発見」とかに出てるから、
文化人タレントなのかと思っていました。

食わず嫌いはいけない。
でも、やっぱり、僕はミュージカルの虜にはならない。
スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ある照明家 | 映画「幸せバロメーター」 | オノデンボウヤ>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 映画「幸せバロメーター」 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。