スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

変身

オーバーラップ
ようやく台本完成。前回公演の「継承者たち」、今回、そして次回作、
三部作構想で書いている。

なので、三本とも、メインキャストは
石井幸志(TIMELAG)、コンタキンテ、原武昭彦の三人。
この三部作はすべて合わせて二時間程度、
通常の一本の芝居の上演時間に相当するようにつくっている。

今回の「OVERLAP」が一番長くて一時間くらい。
GUIDEという決して環境が整っているとは言えない劇場で、
狭かったり、尻が痛かったりを我慢してもらい、芝居を見てもらうには、
一時間は限界の時間。

休憩をはさめばなんとかなるのだけど、やっぱり、一本の芝居は通して見てもらいたい、
間に休憩はさんでしまうと、一気に現実に戻ってしまうから。

この三部作、いずれ、芸術劇場か本多劇場で、まとめて上演しようと思っています。
石井、コンタさん、原武さんは、相当疲れるだろうけど、お客さんはきっと楽しめるはず。
演出も中劇場にあわせたものに変え、より刺激的なこともできるだろうし。

さて、「OVERLAP」。
僕には放送作家をやっている次兄がいるのだけれど、
子供のころからこの兄には多大な影響を受けている。
こないだ、ふと、コンタさんが兄と同じ歳だと知り、
いろいろと話しているうちに、四歳しか変わらないのに、だいぶ世代の違いを感じた。
そりゃそうなのだ。
今は、お互い、おじさんだから、四歳の差は大したことはない。
でも、子供のころの5歳と9歳はぜんぜん違う。幼稚園生と小学校三、四年生だもの。

たとえば、「仮面ライダー」なら、兄はV3が好きだった。
僕はストロンガー、でもこれもきっと再放送だ。
本当にはまったのは、やっぱり「機動戦士ガンダム」だ。
小学生のころはもっぱら「ガンダムごっこ」をしていた。
「おまえアムロ、おれはシャア、じゃあ、ぼくはゲルググね」
という具合に、あまりごっこには向いていなかった作品だ。

「仮面ライダー」という等身大ヒーローはごっこ遊びにはとても適している。
巨大化という無理な想像を前提とせずとも、まさに等身大で遊べるのだから。

今回の「OVERLAP」、40歳のおじさんが主役。
最後はちょっと哀しいお話だけれど、全編通じて、コメディタッチにしております。
むりぐり押し込んだギャグではなくて、登場人物のキャラクター性でクスリと笑えれば良いかな、と。
ま、原武さんが出演するので、どんな感じか、分かる人には分かるでしょう(笑)

原武さん、
前回はインディジョーンズ、今回もハリウッドスターに対抗です。変身します。


☆THE GUIDE プロデュース公演 vol.2
『OVERLAP~オーバーラップ~』
◆8/2(土)、8/3(日)
両日とも14時、19時開演。
※開場は開演の30分前
【脚本】とちぼり木
【演出】とちぼり木 佐藤さい子
【主演】コンタキンテ
【出演】石井幸志 佐藤さい子 松本祐介 石田愛 ほか
【ゲスト】原武昭彦

◆チケット 2,500円(前売・当日) 
ご予約はlag_hour@yahoo.co.jpまで

◆劇場 THE GUIDE
新宿区弁天町177 エクセル早稲田B1F 
tel.090-4995-1327(当日のみ)
東西線早稲田駅 1番出口 徒歩7分
東西線神楽坂駅 2番出口 徒歩10分
大江戸線牛込柳町駅 東口 徒歩10分
有楽町線江戸川橋駅 2番出口 徒歩12分
◆製作 THE GUIDE

新宿から浮浪者が消えた日、地球滅亡のカウントダウンがはじまった……


スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<告知 | 映画「幸せバロメーター」 | 上映会>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 映画「幸せバロメーター」 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。