スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

鬼平犯科帳

故あって「鬼平犯科帳」を読んでおります。漫画の。
「METAL」を書いていたときには、「ゴルゴ13」を熟読しました。
さいとう・たかをサンの密な取材力とお話の展開力には脱帽します。
最近は、ドラマドラマしているものよりも、
現実を厳しく見据えたストイックなストーリーに魅かれます。
もちろん、「鬼平犯科帳」も「ゴルゴ13」もたっぷりとドラマがあるのだけれど。
「時代もの」でも「戦争もの」でも「スパイもの」でも、
専門用語を並べて、表層的な雰囲気だけの作品が多いけれど、
さいとうサンの作品は本当に練り込まれていて、世界に引っ張りこまれ没入させられます。

先日、コンタさん出演、佐藤さい子舞台監督の芝居を見に行き、
オバQを見ました。O次郎もいました。腹をかかえて笑いました。
わかる人にはわかります。
スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<扉座『人生のクライマックス』 | 映画「幸せバロメーター」 | HP>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 映画「幸せバロメーター」 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。