スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

千本桜ホール

TIMELAG、毎度毎度、
佐藤さい子の舞台美術と三田弘明の照明美術の凄まじさに、圧倒される。

開演前には、
舞台際に来て、携帯だとかデジカメだとか、写真を撮るお客さんの姿。

今回の美術プランもエレベーション(舞台美術の想定画)を見て、おののく。
この舞台に三田さんの照明……役者は役者冥利に尽きるというやつだろうが、

演出的には、ちょっとひるむ。

三田さん、さい子と組むと、いつも豹変。
もういい歳のおじさんだし、身体も壊してるし、なのに、
「おれ、やっちゃうよ」と爛々とした目に変わる。
自分の力を思うがままに発揮できる遊び場を得て、
遊ぶ前からわくわく胸をおどらせる。少年のよう。

そんな顔を見て、またひるむ。

下町ダニーローズの公演を見に行き、十五年ぶりに千本桜ホールに入る。
何も変わっていない。ブースの位置も、昔のまま。
十五年前、ここで、当時多摩美術大学にいた野村と二人、劇団を旗揚げした。
三田さんとの出会いもそのとき。
その後、野村はカムカムへ、僕もライターの仕事を始め、
劇団自体は二年で解散。
でも、やっぱり千本桜ホールは始まりの場所。

ついこの間、のことのよう。
けれど、歳月は確実に流れてる。

歳月のなかで失くしたものも多いけれど、
今また三田さんと一緒に芝居をつくれていること。
それに感謝。


ごくごく簡易的なものですが、公演用のHPを仮でつくりました。
http://www.p-kit.com/hp/timelag-2009/

スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<みんなで観に行こう、ドリル魂!! | 映画「幸せバロメーター」 | 照鳥居~TERRITORY~>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 映画「幸せバロメーター」 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。