スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

立川文都さん

立川文都さんがお亡くなりになられました。

2007年末、東京芸術劇場公演「泥つき」。
高座をつくり、落語「権助提灯」を演って頂きました。

そして、役者としても出演して頂きました。

落語のなかの登場人物を演じられた文都さん、
ライトに、そしてリアルにつくりあげ、
お客さんを大いに娯しませて頂きました。

僕のような若輩者の作品を少しでも良くしようと、
一緒になって真剣に悩み、稽古を重ねて頂きました。

「ライトに、そしてリアルに」それが文都さんのスタイル。
表では滑稽とも言えるほど軽薄に
裏では深刻ともいえるほど真剣に
ほんとうに想いやりと気遣いにあふれた方でした。

もう一度、一緒に芝居をつくりたかったですが。
ゆっくりとお休みください。
「泥つき」ゲネプロ中の文都さん


ありがとうございました。




スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<「幸せバロメーター」 | 映画「幸せバロメーター」 | 遠くから来た人>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 映画「幸せバロメーター」 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。